音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
最新の医療紹介
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 眼の病気 > 網膜剥離

網膜剥離

もうまくはくり

概要

網膜剥離とは網膜10層のうち内層の感覚網膜(9層)が網膜色素上皮から剥がれた状態です。剥離の原因となる網膜の裂孔(穴)があるものを裂孔原性網膜剥離といい、一般にいわれる網膜剥離がこれにあたります(図1)。この疾患はレーザー治療や外科的治療が必要で、放置すると失明に至ることもあります。
網膜剥離には、この他に糖尿病網膜症などに合併する牽引性網膜剥離、ぶどう膜炎などに合併する滲出性網膜剥離などがありますが、ここでは裂孔原性網膜剥離についてお話しします。

図1

図1

症状

  1. 光視症...網膜が引っ張られる際に周辺の異常な閃光を感じることがあります。時々暗所で光るのは問題ないケースが多いですが、頻度が多いときは注意が必要です。
  2. 飛蚊症...文字通り虫やゴミが飛んでいるように感じる状態です。これ自体は加齢に伴う硝子体混濁の影が見えている状態ですが。以前より数・量ともに増える、大きいものが出てくる、墨汁を流したように見える、などの症状が出てきたら網膜裂孔の危険性があるので眼底検査をお勧めします。
  3. 視野欠損...網膜剥離が進行してくると、それに一致した視野欠損が生じます。しかし、通常は皆さん両眼で見ているので左右の目で補い合ってしまい、自覚されないケースも少なくありません。「おかしいな」と感じたら、片目づつの見え方をチェックしましょう。
  4. 視力低下...網膜剥離が中心の黄斑部まで拡大してくると視力が著しく低下します。それ以外では、網膜裂孔が生じた際に硝子体出血を伴うと視力低下を来します。

診断

診断には眼底検査が不可欠です。網膜剥離は近視の人に多く、好発年齢は2峰性で若年者(10~20才台)と中高年(50~60才台)での発症が多いようです。若年者の網膜剥離の特徴は、進行が遅く、近視が強い人に多い傾向があります。中には遺伝性のものもありますのでご家族に発症された方がいる場合は注意が必要です。一方、中高年の網膜剥離の特徴は、進行が早く、飛蚊症の後に起こることが多いようです。

治療

治療には外来で行うレーザー光凝固治療や冷凍凝固治療と、入院して行う手術治療があります。網膜裂孔・円孔のみの場合はレーザーもしくは冷凍凝固のみで治療することができます(図2)。しかし、レーザー光凝固治療・冷凍凝固を行っても網膜剥離に進行してしまったケース、もしくは、もともと網膜剥離を伴うケースでは手術治療が必要となります。
手術治療には、眼球の外からアプローチする強膜バックリング術+冷凍凝固と、中からアプローチする硝子体手術+レーザー光凝固があり、どちらかもしくは両方を組み合わせて治療していきます。手術方式の選択は症例によって異なりますが、だいたい1週間の入院が必要で、手術時間は1~2時間です。症例によっては眼内にガスを入れることがあり、この場合、術後、うつ伏せや横向きなど体位制限が必要になります。
こうした手術により90%程度は一度の手術で網膜復位が得られます。約10%の症例では、新裂孔の出現や増殖硝子体網膜症により再剥離を生じ、再手術が必要となります。中でも増殖硝子体網膜症は難治性網膜剥離で、こちらに移行してしまうと術後視力不良の可能性が高くなります。これとは別に、網膜剥離術後に黄斑上膜が生じることがあります。この場合、術後、歪みが増強したり、視力低下することがあります。網膜剥離術後では誰でも起こる可能性があり、症状が強い例では追加手術が必要なことがあります。
視力予後についてですが、手術前に黄斑部剥離が有るか無いかによって異なります。黄斑部剥離がない場合は、基本的に矯正視力は術前視力をキープできます。黄斑部剥離があるケースでは、黄斑部剥離を生じてから手術までの期間、年齢などによって視力予後が決まります。視力が安定するまで1年はかかり、視力良好例でも歪みが残ることもあります。前述の再剥離例や増殖硝子体網膜症のケースでは更に視力予後は厳しいものになります。

図2

図2

生活上の注意

術前では安静が大切です。網膜剥離は、運動、歩行などで進行します。場合によっては眼球運動だけでも進行する可能性があります。網膜剥離と診断された場合は手術までなるべく安静にするべきです。退院後は、ガスが残っている場合体位制限が必要ですが、それ以外ではデスクワーク程度ならば再開可能です。ケースバイケースですので医師の指示に従いましょう。

慶應義塾大学病院での取り組み

当院では早期の視機能回復を目指し、術後の視力回復の早い小切開硝子体手術を積極的に行っております。

文責: 眼科外部リンク
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院