音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
最新の医療紹介
KOMPASについて

ホーム > 検査の種類と注意 > 特殊検査 > 心臓電気生理学的検査(Electrophysiological study:EPS)

心臓電気生理学的検査(Electrophysiological study:EPS)

しんぞうでんきせりがくてきけんさ(Electrophysiological study:EPS)

概要

 心臓電気生理学的検査の目的は不整脈の機序を明らかにすることにあります。体表の心電図では心臓内の細かい電気の興奮順序や頻拍の機序までは明らかにできません。それらを検査することで解明し、その後に続く治療に役立てる検査です。電極カテーテルという細い管を足や首の動脈や静脈からX透視下に心臓の中に入れ、心臓のいろいろな場所の心電図を心臓内で記録し、あるいは心臓を電気的に刺激し反応を確認します。この検査により心臓のどの部位に電気系統の異常があるのか、また不整脈が心臓内のどこから、どのように発生するのか、といった情報が得られます。さらに個々の患者さんでどのような治療法が最も良いかを明らかにすることもできます。最近では薬を使わずに、直接、不整脈の発生源を熱で焼いて根治させる方法があります。これは電気生理学的検査と同じ要領でカテーテルを使って行うもので、高周波カテーテル焼灼術(しょうしゃくじゅつ)、通常アブレーションと呼ばれます。

 検査に要する時間はおよそ1~3時間で、これにアブレーション治療が加わるとさらに2-3時間かかります(治療の難易度によって異なります)。通常1週間以内の入院で退院となり以後の経過を外来で観察させていただきます。

所要時間

約1~3時間

検査を受ける前に

 まず外来を受診していただき、不整脈の種類などから、心臓電気生理学的検査並びにアブレーション治療の適応につき検討を致します。適応のある場合は、入院の予約をしていただきます。不整脈の種類により術前に、経胸壁心エコー経食道心エコー心臓CTなどの検査を施行していただくこともあります。入院までの内服薬の服用については医師の指示に従ってください。

 治療の前に、治療についての十分なお話をさせていただきます。それぞれの患者さんでの見込まれる成功率、合併症の率などのお話を、術者が直接行うことにしています。内服治療薬による不整脈治療も全くリスクが無いわけではありませんが、血管内でのアブレーション治療も、率は低いですが合併症のリスクが無いわけではありません。合併症の話は、入院後に主治医から検査前に十分なお話を行います。

入院後には

  1. 検査・治療は足の付け根または頚部の血管に針を刺して行いますので、針を刺す部位の消毒を確実にする為と、足~下腹部にかけて広い範囲に絆創膏を貼る為、腹部・陰部・大腿部の毛を剃ります。
  2. T字帯とバスタオル1枚、吸飲みかストローを準備して下さい。
  3. 検査・治療後、4~6時間はベッド上で安静にします。針を刺した方の足は曲げる事ができません。
  4. 検査・治療前の食事(午前の場合は朝食、午後の場合は昼食)は食べられません。飲み物も控えて下さい。
  5. 検査・治療前にトイレを済ませ、検査着(病院のものをお渡しします)とT字帯に着替えて下さい。
  6. 内服薬は医師の指示に従ってください。点滴が入ります。
  7. 検査・治療が長時間になりますので、尿の管を入れます。
  8. 入れ歯、コンタクトレンズ、時計などは外し、紛失しないように保管して下さい。

検査の実際

 心臓電気生理学的検査は局所麻酔と必要に応じ静脈麻酔下で行いますので、痛みはあまり感じません。足の付け根や、首の部分の動脈や静脈から直径2~3mmのカテーテルを挿入し、X透視下に心臓まで先端を通します。治療中、血液の中は通常無菌状態ですので、雑菌が入りますと感染が起こり、熱が出ます。そのため手術は清潔な布をシーツのようにかぶってもらって行い、手術室と同様に雑菌の混入を防ぎます。

心臓電気生理学的検査

 カテーテルの先端には電極が付いていて、その先端からペーシングを行うことによって不整脈を誘発し、日頃患者さんが感じていらっしゃる不整脈を再現いたします。心臓内の電極から心臓内心電図を記録することが出来るため、誘発した不整脈がどのような回路によって生じているかをより正確に診断することが出来ます。不整脈の回路がわかれば、どの部分を治療すれば良いかわかります。

カテーテルアブレーション

 本治療法の適応となる不整脈は、発作性上室性頻拍、心房頻拍、心房粗動、発作性心室頻拍などの頻脈性不整脈です。これらの不整脈にはまず薬物療法がなされますが、発作が高頻度で長時間持続し、定期的に薬剤の服用を行っても発作が予防できない場合、頻拍発作の最中にめまいや失神を伴う場合などには本治療法の適応となります。また、スポーツ選手や、パイロット、運転手といった不整脈の存在により仕事が制限される職種の方や、妊娠が予定されていて薬が使用しにくい女性の方などにも適応となり得ます。

 電極カテーテルの先端についた、電気メス(高周波通電装置)を使用して不整脈を起こす回路を切って来ます。一般的にメスの先端の半径5mm程度の心臓の筋肉に熱を加えて電気を通さなくして、不整脈の回路を無くしてしまいます。心臓の壁の厚さは心室で10-12mm程度、心房で5mm程度あります、熱をかけて電気を通さなくするだけですので(メスのように切ったり穴を開けたりするわけではないので)、壁に穴が開くことは通常ありません。治療時間は患者さんによって異なりますが一般的に2~5時間程度です。その間患者さんにはベッド上で寝ていて頂きます。

 不整脈であればだいたいがカテーテルアブレーションによって治療出来ますが、次のような場合にはアブレーション出来ない場合があります。

  1. 検査の最中に、目的の不整脈が誘発できない場合。
  2. 回路が不安定で、治療後すぐに新しい回路に移ってしまう場合。
  3. 通常の心臓の収縮にとって重要な回路付近に不整脈の元がある場合。
    治療中に重要な回路を傷害するおそれがあります。
  4. カテーテルの先端から、回路までの距離が遠く、熱が十分加わらない場合。
  5. 命に関わることのない不整脈があって、患者さんが不自由を感じない場合。

検査後の注意

  1. ベットの上で安静にして頂きます。左右横向きができます。針を刺した方の足を曲げたり、起き上がることはできません。
  2. 足の付け根の管を抜いて、止血後は、ベット上で動ける目安は表1のようになります。
  3. 検査・治療は太い血管を刺すので、針を刺した場所からの出血を防ぐ為、大きな絆創膏で圧迫します。絆創膏は翌日に消毒しますので、剥がさないで下さい。
  4. 食事や排泄は寝たままの状態で行いますので、看護師がお手伝い致します。寝たままでいる時間が過ぎたらトイレ等に歩行できます。尿の管も抜きます。しかし、再出血の可能性もありますので、できるだけベッドでお過ごし下さい。
  5. 体の中に入った造影剤を早く排泄するため、点滴も行いますが、できるだけ水分を取るようにして下さい。
  6. 検査・治療の3日後よりシャワーや入浴ができます。

細い管で治療した場合

太い管で治療した場合

ベッド上30度起こす

1時間後

3時間後

左右に寝返りが打てる

3時間後

5時間後

ベッド上で自由に出来る

4時間後

6時間後

止血確認後歩行ができる

翌朝9時ごろ

翌朝9時ごろ

表1

慶應義塾大学病院での取り組み

 不整脈専門医による外来を、月曜午前 高月誠司(講師)、水曜午前 小川 聡(教授)、三好俊一郎(講師)、金曜午前 佐藤俊明(講師)が行っています。また熟練した不整脈専門医が毎週4-5名の患者さんに対して、カテーテルアブレーション(血管内不整脈手術)を行っております。

 さらに、私どもの施設では、最新式の不整脈診断器具をいち早く導入しており、他施設で治療がうまくできなかった患者さんでも治療に成功できる場合もあります。

 我々は、不整脈診断技術を鍛錬するため、基礎的研究にも重点を置いております。病気にたいして、しっかりとした科学的な判断が出来る医者を目指して日夜励んでおります。

さらに詳しく知りたい方へのwebサイトの案内

 慶應病院循環器内科ホームページで一部ご紹介いたしております。

  1. 慶應義塾大学循環器内科ホームページ外部リンク (患者さん向け)
    アブレーションについて外部リンク
  2. 慶應義塾大学病院ホームページ 外部リンク(患者さん向け)
  3. 日本循環器学会ホームページ外部リンク (医療関係者向け)
    各疾患の治療ガイドラインが閲覧できます。
    不整脈の非薬物治療ガイドライン(2006年改訂版)外部リンク
  4. 日本心臓財団ホームページ外部リンク (患者さん向け)
    病気の説明、セカンドオピニオンの質問・回答集が閲覧できます。

文責:内科学(循環器)
記事作成日:2009年2月1日
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院