音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 心臓と血管の病気 > 不整脈 > 致死性不整脈、植込み型除細動器(ICD)による治療

致死性不整脈、植込み型除細動器(ICD)による治療

ちしせいふせいみゃく、うえこみがたじょさいどうき(ICD)によるちりょう

概要

心室細動や心室頻拍など致死性不整脈は、心臓突然死を引き起こすことがあります。心室細動は、心室が非常に速く不規則に興奮するため小刻みに震えた状態になり、心臓は拍動しなくなります。心室頻拍は、心室から発生した異常刺激によって、拍動が非常に速くなる不整脈で、時に心室細動へ移行することもあります。

症状

これらの不整脈が起こると心臓は、全身に血液をおくりだすポンプとしての役割を果たせなくなり、脳への血流の低下により、めまいや失神を起こし、特に心室細動では意識不明になり、即座に治療しなければ命に関わります。

症状

診断

心電図により診断し、速やかに治療する必要があります。心室細動は特に突然死に至る危険性が高いため、起こった際には、ただちに電気的除細動や心臓マッサージを行う必要があります。また心室頻拍でも意識不明の状態などでは電気的除細動が必要となります。救急処置で状態が安定化した後には、採血や心エコーなどを行い、その不整脈に至った原因を探ります。

心筋梗塞心筋症に伴って不整脈が起こることがあり、場合によっては心臓カテーテル検査心臓電気生理検査が必要になることもあります。

原因となる病気の治療をした上で、1.抗不整脈薬による薬物治療、2.カテーテルアブレーション、3.植込み型除細動器(ICD)または両室ぺーシング機能付き植込み型除細動器(CRT-D)による治療を考慮します。

心室細動による突然死を防ぐためには、起こった際にすぐさま電気的除細動を自動で行うことのできるICD(またはCRT-D)を植え込む必要が出てきます。

心室頻拍に対しては、抗不整脈薬による薬物療法やアブレーション治療が行われることがありますが、持続性の心室頻拍が出現、あるいは誘発される例では、ICD(またはCRT-D)による治療が優先されます。

また不整脈の原因となった病気(心筋梗塞心筋症など)の治療も行う必要があります。

ICD/CRT-Dによる治療 (詳細は当科ホームページ:不整脈班「デバイス」参照外部リンク

ICD(植込み型除細動器)とは

ICDは致死性不整脈(心室細動・心室頻拍)を自動的に感知し、抗頻拍ペーシングや電気ショックを行う機械です。不整脈自体を予防するものではありませんが、致死性不整脈を停止させることにより心臓突然死を予防します。

ICDは植込み型除細動器本体と、それにつながるリード線からなります。リード線は血管を通って心臓内に留置され、電気刺激や電気ショックをおこなうことにより致死性不整脈の治療を行います。

CRT-D(両室ぺーシング機能付き植込み型除細動器)とは

心不全治療のひとつである心臓再同期療法(CRT)を行うことが可能な植込み型除細動器(CRT-D)が、心不全患者さんに植え込まれることがあります。CRTについては「心不全」の項目を御参照ください。

ICD/CRT-Dによる治療

慶應義塾大学病院での取り組み

当院循環器内科では、不整脈専門の専任医師、臨床工学技士らがICD / CRT-D植込み手術を行うだけでなく、ICD / CRT-D専門外来にて、植込み後のチェック/フォローアップを行っています。特にICD / CRT-D植込み後の患者さんに対してはきめ細かなフォローアップがかかせません。遠隔モニタリング を日本では最も早期に導入し、遠方に在住されている方々に対しても綿密なフォローアップを行っております。

致死性不整脈を患われた患者さんに対して、基礎心疾患に対する十分な内科的治療や抗不整脈薬による薬物療法を行うだけでなく、カテーテルアブレーション治療やICD/CRT-D植込み治療を併用し、統合的な治療をおこなっています。

不整脈専門の専任医師、心不全専門の専任医師や、臨床工学技士、看護師が医療チームをつくり、致死性不整脈を患われた患者さんに対して、きめ細やかな治療と看護を行えるよう努めています。

さらに詳しく知りたい方へ

慶應病院循環器内科ホームページで一部ご紹介いたしております。

  1. 慶應義塾大学医学部 循環器内科ホームページ外部リンク(患者さん向け)
  2. 日本循環器学会 循環器病の診断と治療に関するガイドライン外部リンク(医療関係者向け)
    不整脈の非薬物治療ガイドライン(最新版)が閲覧できます。
  3. 日本不整脈デバイス工業会(旧・ペースメーカ協議会)外部リンク
    (患者さん向け:ペースメーカーのメーカーのリンクがあるページ)
    ペースメーカーの種類・歴史について詳しい説明があります。
  4. 慶應義塾大学病院ホームページ外部リンク(患者さん向け)
  5. 日本心臓財団ホームページ外部リンク(患者さん向け)
    病気の説明、セカンドオピニオンの質問・回答集が閲覧できます。

文責: 循環器内科外部リンク
最終更新日:2014年10月24日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院