音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 検査を知る > 内視鏡検査 > 気管支鏡検査

気管支鏡検査

きかんしきょう

概要

気管支鏡検査は、気管支鏡という先端にビデオカメラのついた外径5~6mmの柔らかい管を口から挿入し、気管・気管支の内部を観察する検査です。また、観察だけではなく、肺や気管・気管支などの組織を採取して細菌検査や病理組織検査を行うこともできます。呼吸器の病気の中には、正確な診断を得るために気管支鏡検査が必要な病気が多くあります。具体的に、気管支鏡検査をお勧めするのは、次のような場合です。

  1. 胸部X線写真やCT検査で肺に異常な影が見つかった場合
  2. 痰に血液が混じった場合
  3. 検診の喀痰検査で癌細胞が検出された場合
  4. 原因不明の呼吸困難など、気管・気管支の異常が疑われる場合
    患者さんの病状によって、日帰り検査で行うか、2泊3日の検査入院で行うかを主治医が判断します。

所要時間

約1時間

検査を受ける前に

検査当日

  1. 検査前の食事(午前の場合は朝食、午後の場合は昼食)は食べられません。飲み物も控えて下さい。
  2. 検査前にトイレを済ませてください。
  3. 入れ歯、メガネ、時計、装飾品などは外し、紛失しないように保管して下さい。

検査の実際

気管支鏡検査は、局所麻酔薬の吸入により、のどや気管・気管支を麻酔した上で、オピスタンという合成麻薬を静脈注射して少しボーっとした状態で行われます。検査中は会話ができませんが、呼吸はもちろん、意思の疎通もとれます。検査の内容により大きく異なりますが、気管支鏡が挿入されている時間は20分以内のことが多いです。

検査後の注意

検査終了後は麻酔薬の影響が切れるまで1~2時間回復室で休まれてから、帰宅していただきます。当日の自動車の運転はできるだけ避けていただきたいのですが、どうしても必要な場合には6時間程度たってからにしてください。気管支鏡検査に伴って重篤な合併症が起こることは稀です。詳しくは、下記日本呼吸器内視鏡学会のウェブサイトをご覧ください。

慶應義塾大学病院での取り組み

近年、気管支鏡の先端に超音波装置を内臓した超音波気管支鏡が開発され、それを用いた新しい気管支鏡検査が普及しつつあります。超音波で気管の外側にあるリンパ節を観察しつつリンパ節組織を採取する検査(超音波気管支鏡下リンパ節生検:EBUS-TBNA)や、超音波を用いてX線透視では見えない小さな肺病変から組織を採取するガイドシース併用気管支内腔超音波断層法(EBUS-GS)です。径の細い気管支や枝分かれが複雑な場所を検査する場合には、胸部CT画像をコンピューター処理して、仮想の気管支鏡画像を作成するナビゲーションシステムを用いています(Bf-NAVI)。これにより、検査時間の短縮や病変を正確に検査することを試みています。
当院では呼吸器内科と呼吸器外科が連携してそれらの高度な気管支鏡検査も行っています。

さらに詳しく知りたい方へ

日本呼吸器内視鏡学会
「気管支鏡による検査、治療について」Q&A外部リンク

文責:呼吸器内科外部リンク呼吸器外科外部リンク
最終更新日:2014年8月6日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院