音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 脳・脊髄・神経の病気 > 脳腫瘍 > 下垂体腺腫

下垂体腺腫

かすいたいせんしゅ

概要

 ホルモンの中枢である下垂体前葉にある、ホルモンを産生、分泌する腺細胞由来の腫瘍で、ほとんどは良性です。ホルモンを過剰に分泌するホルモン産生腺腫とホルモンを分泌しない非機能性腺腫に分けられ、ホルモン産生腺腫には、成長ホルモン産生腺腫(先端巨大症、巨人症)、プロラクチン産生腺腫(プロラクチノーマ)、副腎皮質刺激ホルモン産生腺腫(クッシング病)などがあります。頻度は、非機能性腺腫が約40%、プロラクチン産生腺腫が約30%、成長ホルモン産生腺腫が約20%とされています。

図1、下垂体腫瘍MRI画像

図1

症状

 症状は、下垂体腺腫が大きくなり周囲組織を圧迫することによる症状と、ホルモン過剰分泌による内分泌症状の2つに分けられます。下垂体は頭蓋底正中部にあるトルコ鞍と呼ばれる骨の窪みに存在し、下方には蝶形骨洞と呼ばれる副鼻腔が位置し、上方には視神経が存在します。非機能性腺腫ではホルモン症状がないため腺腫が大きくなるまで症状は出ず、典型的には視神経圧迫により両耳側半盲(視野の外側が見にくい)という視野障害が最初に生じます。さらに正常下垂体が圧迫されれば下垂体機能障害が生じ、疲れ易く色白になったり、性機能障害(男性)や月経不順(女性)が出現したりします。プロラクチン産生腺腫は若い女性に多く、月経不順あるいは無月経と乳汁分泌が現れます。成長ホルモン産生腺腫は、骨端線の閉じる前 (思春期前)では巨人症となり、成人では手足の先端や額、下顎などが肥大し先端巨大症と言われます。顔貌が変化し、指輪が入りにくくなります。先端巨大症の他の症状としては、発汗、関節痛、咬合不全、睡眠時無呼吸などがあります。また、糖尿病や高血圧の合併頻度は高く、大腸癌や心血管障害の保有率が高いことも知られており、放置すれば寿命が約10年短くなると言われています。

治療

 プロラクチン産生腺腫に対しては、カベルゴリンなどの薬物療法が第一選択とされます。ほとんどの症例でプロラクチンの正常化が得られますが、中止した後に再発する可能性があります。非機能性腺腫、成長ホルモン産生腺腫に対しては、手術摘出が第一選択となります。手術アプローチとしては、通常、脳への影響が少ない経蝶形骨洞法がとられますが、腫瘍の大きさや進展方向によっては開頭術が選択されることもあります。術後残存腫瘍に対して放射線治療(通常、定位的放射線治療)が行われることがあります。また、成長ホルモン産生腺腫では、オクトレオチドの皮下注射、筋肉注射、またはブロモクリプチンの内服などの薬物療法が補助的に用いられることがあります。

経鼻内視鏡手術

経鼻内視鏡手術

図2、術中内視鏡画像

図2

>>下垂体腺腫の手術治療は?

慶應義塾大学病院での取り組み

 低侵襲でかつ安全な手術を行うために、神経内視鏡とナビゲーションを用いた経鼻的手術を耳鼻科と合同で行っています。また、ホルモン産生腺腫に対しては、内科(内分泌)と連携して治療にあたっています。

>>内視鏡下経鼻下垂体腫瘍摘出術について

文責: 脳神経外科外部リンク
最終更新日:2013年10月21日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院