音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
最新の医療紹介
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 耳・鼻・のどの病気 > 唾液腺腫瘍

唾液腺腫瘍

だえきせんしゅよう

概要

唾液腺腫瘍とは、唾液をつくる唾液腺に生じる腫瘍のことです。唾液腺には、耳下腺(じかせん)、顎下腺(がっかせん)ならびに舌下腺(ぜっかせん)の大唾液腺と、口腔内の小唾液腺とがあります。唾液腺腫瘍の80-90%は耳下腺と顎下腺に発生しますので、耳下腺腫瘍と顎下腺腫瘍が唾液腺腫瘍の代表的疾患です。

腫瘍には良性と悪性がありその割合はおおよそ8:1から9:1で、病理組織学的に多くの種類に分類されます。良性腫瘍では多形性腺腫(たけいせんしゅ)、ワルチン腫瘍が多く認められます。悪性腫瘍(=がん)では粘表皮がん(ねんひょうひがん)、腺様嚢胞がん(せんようのうほうがん)、多形腺腫由来がん(たけいせんしゅゆらいがん)などが多く発生します。これらの腫瘍が生じる原因は不明です。

耳下腺内には顔の筋肉を動かす顔面神経がありますので、耳下腺腫瘍の手術においては顔面神経の麻痺をきたさないような取り扱いが重要です。

症状

唾液腺腫瘍の症状は、ほとんどが耳の下や顎の下の腫れや、しこりです。しこりが急に大きくなる場合や、痛みを伴う場合は悪性の可能性があります。また顔面神経麻痺を伴う場合は悪性腫瘍が強く疑われます。

悪性腫瘍は頸部リンパ節に転移することがあり、その場合は頸部のしこりも現れます。唾液腺炎、唾石症(だせきしょう)なども同じような症状をきたすことがあります。

診断

悪性腫瘍は硬く可動性に乏しいといった特徴がありますので、耳鼻咽喉科医の触診は重要です。つぎに超音波検査(エコー)、MRI、CTなどの画像検査を行います。

皮膚から注射針を刺して腫瘍細胞を吸い取り、顕微鏡で腫瘍細胞を観察する穿刺吸引細胞診という検査は良性・悪性の診断を行ううえで重要です。最終的には、手術で摘出した腫瘍の病理組織検査によって診断が確定します(つまり良悪がはっきりします)。

治療

唾液腺腫瘍が良性であっても悪性であっても、薬で治すことはできません。全身麻酔下の手術が基本となります。悪性腫瘍が疑われる場合は速やかに手術を行います。良性腫瘍が疑われる場合は患者さんと相談し手術日を決めます。

顎下腺腫瘍の場合は良性でも悪性でも顎下腺を全摘しますが、特に後遺症はありません。皮膚切開線は、首のしわにまぎれて目立たなくなります。

耳下腺良性腫瘍の場合は、耳介下端から首の横しわに沿って皮膚をS字状に切開し、顔面神経を確認・温存しながら、腫瘍と周りの腺組織をわずかに付けて切除します。手術中に腫瘍細胞がこぼれると術後再発の原因になりますので、腫瘍を被う膜を破らずに摘出することが重要です。最後に皮膚を丁寧に縫合しますので、術後3ヶ月程度で傷あとは目立たなくなります。

耳下腺がんに対しては、腫瘍とともに腺の部分切除あるいは全摘出を行います。また顔面神経にがんが入り込んでいる場合には神経も犠牲にし、神経移植を行うこともあります。手術後に放射線治療や化学療法を行うこともあります。がんが腺の周囲にひろがっている場合には拡大手術が必要です。リンパ節転移が認められる場合には、頸部のリンパ組織を取り除く頸部郭清術(けいぶかくせいじゅつ)を行います。

良性腫瘍が疑われる場合は、手術せずに様子をみたいという患者さんもいらっしゃいます。しかし、摘出してはじめて診断が確定すること、良性腫瘍でも徐々に増大すること、良性腫瘍でも悪性に転化する可能性があることなどから、基本的には手術をお勧めしています。もちろん、ご高齢の患者さんや重篤な持病があって全身麻酔・手術が難しい場合は例外です。

慶應義塾大学病院での取り組み

検査はすべて外来通院中に行います。手術の前日に入院して頂き入院期間は約1週間です。年間の手術件数は2004年~2013年の10年間平均で約100件です。

耳下腺良性腫瘍では顔面神経の温存が重要ですが、専任スタッフが中心となって手術を行いますので心配いりません。

さらに詳しく知りたい方への書籍とwebサイトの案内

慶應義塾大学耳鼻咽喉科のwebサイト外部リンクをご覧ください。

文責:耳鼻咽喉科学
記事作成日:2009年2月1日
最終更新日:2014年5月15日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院