音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 眼の病気 > 近視

近視

きんし

近視と近視矯正手術

患者さんが眼科を受診される最も多い原因の一つに近視があります。日本人は欧米人と比較して近視の割合が高いといわれ、人口の約1/3、すなわち約4000万人は近視であるといわれています。近視の方の中にはメガネやコンタクトレンズなどで問題なく生活されている方もいますが、職業的な理由やコンタクトレンズが合わないなどでメガネやコンタクトレンズが使えず、日常生活にも不自由であったり、日常生活は可能でも趣味のスポーツをするときなどに不便を感じていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。このような近視でお悩みの方に対する治療法として、最近注目されているのが、エキシマレーザーを用いた屈折矯正手術です。

近視とは?

眼のしくみはカメラにたとえることができます。近視のない眼(正視)では、眼に入った光(光線)は角膜と水晶体という、カメラでいうところのレンズによって曲げられ、焦点が眼底の網膜(カメラでいうフィルム)の上にピッタリとあうのではっきりと見えます。これに対し、近視眼では光の焦点が網膜では結ばず、手前へずれているためぼやけて見えるわけです(図1、2)。

図1

図1(正視の場合)

図2

図2(近視の場合)

屈折矯正手術LASIKとは

LASIK(レーシック)とは、マイクロケラトームという'電動カンナ'のような器械で角膜フラップ(薄い蓋のようなもの)を作成したあと、エキシマレーザーによって角膜を切除し、その屈折力(光を曲げる力)を変えて光の焦点が網膜上にあうようにし、近視と乱視を同時に矯正する手術です(図3)。LASIKは視力回復が迅速で痛みが少なく安全性が高い手術で近視治療に画期的な変化をもたらしました。日本で2000年1月の厚生省(現厚生労働省)のエキシマレーザーの認可を期に、慶應義塾大学病院眼科でも2000年4月よりこの手術を開始し、良好な成績を得ています。さらに、この手術では、近視ばかりでなく、遠視や乱視、病気やけがによる不正乱視も同時になおすことができます。また、生来の近視や乱視ではなく、白内障術後などの手術後の乱視に悩むかたも治療可能です。

図3

図3

手術は慎重に

このように、安全性、確実性の高いLASIKですが、残念ながらすべての人に適するわけではありません。20歳未満の方、近視以外の眼の病気がある方、角膜(黒目の表面の部分)の厚みが薄い方などは手術に適さないこともあります。
安全に手術を行うためには眼科専門医による正確な検査と診察が必要です。当院では月に1回 LASIK説明会と称して手術に関する無料の説明会を行い、手術希望患者さんが手術の長所、短所をよく理解してから手術決定をできるように努めています。

入院は不要、手術時間は両眼で20分程度

手術は通院のみで可能です。方法(図4参照)は、(1)手術開始前に点眼麻酔(目薬による麻酔)をし、開瞼器とよばれる器具で眼をあけます。(2)マイクロケラトームという器械のリング部分で陰圧をかけて眼球を固定した後、角膜のフラップ(蓋のようなもの)を作成します。(3)フラップをめくり、角膜実質(角膜内部の組織)を露出します。(4)角膜実質にレーザーを約20~50秒照射します。(5)元の位置にフラップを戻し、2分ほど乾かし密着させます。その後は強くこすらないかぎりフラップがずれることはありません。両眼で約30分間で終了します。(6)手術後は1時間ほど休憩し、医師の診察を受けたら帰宅できます。

図4 (1)

図4 (1)手術開始前に点眼麻酔(目薬による麻酔)をし、開瞼器とよばれる器具で眼をあけます。

図4 (2)

図4 (2)マイクロケラトームという器械のリング部分で陰圧をかけて眼球を固定した後、角膜のフラップ(蓋のようなもの)を作成します。

図4 (3)

図4 (3)フラップをめくり、角膜実質(角膜内部の組織)を露出します。

図4 (4)

図4 (4)角膜実質にレーザーを約20~50秒照射します。

図4 (5)

図4 (5)元の位置にフラップを戻し、2分ほど乾かし密着させます。

術後の生活

手術当日は異物感があったり、視界がぼやけてみえることも多いですが、ほとんどの場合翌日には症状は軽減し視力も回復します。洗顔や洗髪は3日目から、入浴は翌日から可能です。お仕事は一般事務職であれば翌々日から可能ですが、眼を酷使する業務や車の運転、汗をかくような労働は1週間はさけた方が無難です。運動は術後2週間後から可能ですが、激しい運動や水泳などは術後1か月後からとなります。

LASIK(レーシック)の利点・欠点

LASIKは痛みが少なく、安全性、確実性の高い半永久的な近視治療法で、これまで、眼鏡やコンタクトレンズが中心であった近視治療に新たな選択肢をもたらしました。この治療をお受けになることにより、眼鏡やコンタクトレンズのわずらわしさから解放され、趣味が広がってさらに充実した生活を送られたり、職業の選択肢が増えた方も数多くいらっしゃいます。しかし、LASIKも万能ではありません。適する方と適さない方がいること、夜間見づらくなるなど見え方の質に影響が出る場合があること、稀ではありますが合併症がおきる可能性があることなどの欠点もあります。また、この手術は残念ながら保険診療の対象とはなっていません。手術を希望される方はこのようなLASIKの利点と欠点をよくお考えになり、納得のいくまで医師と話あった上で手術を決定されるべきでしょう。

その他の屈折矯正手術

当院では、レーシック適応外の方で近視治療のご希望がある方に対して、有水晶体眼内レンズによる手術も行っています。有水晶体眼内レンズには数タイプあり、現在使用されている有水晶体眼内レンズはどのタイプに関しても、レーシックと比較して症例数が少なく、長期経過の報告がありませんが、当科で使用している前房虹彩支持型の有水晶体眼内レンズ(図5)については2007年のOphthalmology(学術学会誌)に術後10年の良好な経過が報告されております。
当科では月に1回程度LASIK説明会と称して屈折矯正手術に関する無料説明会を開催し、ホームページ(慶應義塾大学医学部 眼科学外部リンク)による情報公開も行っています。詳しくは屈折矯正外来直通電話03-3353-0149へお問い合わせください。

図5

図5

文責: 眼科外部リンク
最終更新日:2011年12月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院