音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 心臓と血管の病気 > 心膜疾患 > 収縮性心膜炎

収縮性心膜炎

しゅうしゅくせいしんまくえん

概要

収縮性心膜炎(しゅうしゅくせいしんまくえん)とは、心臓を包んでいる袋である心膜(しんまく)という部分の炎症(えんしょう)が徐々に進行した結果、起こる病気です。心膜はもともと風船のようにある程度は伸びることができるのですが、心膜の炎症が進行した結果、心膜は癒着(ゆちゃく)したり、線維化(せんいか)や石灰化(せっかいか)した状態となって硬くなっていきます。心臓の周囲を覆っている心膜が硬くなってしまった結果として、心臓は拡張(かくちょう)することが困難となり、心臓が拡張する際に心臓に流れ込む血液の量が減少してしまいます。心臓に流れこむ血液の量が減少すると、結果として心臓から送り出す血液の量も減少してしまい、様々な症状が出現します。

原因

心膜の炎症を起こす原因としては下記のように様々なものがあります。昔は結核(けっかく)によるものが多かったのですが、最近は少なくなって他の原因によるものの方が多くなっています。

  • ウイルス感染
  • 心臓手術の後におこるもの
  • 悪性リンパ腫や乳癌をはじめとした癌(がん)に対する放射線治療(ほうしゃせんちりょう)によるもの
  • 自己免疫疾患(リウマチや膠原病(こうげんびょう)などのように、自分自身に対する異常な免疫反応の結果起こる病気のこと)に関連したもの
  • 結核や細菌などの感染によるもの
  • 癌によるもの
  • 腎不全よるものなど

以上のようなものがありますが、原因が特定されない原因不明のものも多くあります。

症状

心臓が広がりづらくなった結果、心臓に血液が十分に入っていけなくなります。そうすると、心臓に戻っていく血管(静脈)の圧力が上昇します。その結果、手足や全身の浮腫(むくみ)、腹水(ふくすい(お腹の中にお水がたまってしまいます))、肝臓のうっ血(血液が溜まってしまうこと)から肝臓機能障害などが起こります。また病気が重くなって心臓から送り出す血液の量が減少すると、全身倦怠感(ぜんしんけんたいかん(だるくなることです))、筋肉の疲労、運動時の呼吸困難などの症状が出現します。その他にも患者さんによっては、胸の痛みや動悸(どうき(どきどきすること))を感じることもあります。

症状

診断

収縮性心膜炎の診断は、循環器内科の医師が診察することにより分かるいくつか特徴があります。頚静脈という首の血管が張ってきます。また手足の浮腫や肝臓の腫れが認められます。診断を確かなものにするために、次のようなさらなる検査が必要となります。

  1. 胸部レントゲン検査
    収縮性心膜炎の患者さんでは心膜が石灰化して白く写ることがあります。静脈や肺の血管の影が濃く写ることがあります。
  2. 心エコー検査
    心エコー検査では心膜が厚くなっている部分が見られることがあります。下大静脈や肝静脈といった太い静脈を観察すると、血管が拡張していることがわかります。心臓の周りに心嚢液という液体が溜まっているかどうかを確認することもできます。
  3. 心臓カテーテル検査
    入院をして行う検査になります。首や足の付け根の血管に針をさして、心臓内にカテーテルという細い管を挿入して、心臓の中や心臓につながる血管の中の圧力を直接測定することができます。収縮性心膜炎の患者さんでは、特徴的な心臓の圧力の波形が見られます。

治療

治療は大きく内科的な治療と外科的な治療に分けられます。
内科的治療には、安静にする、塩分の摂取量を控える、尿の排泄を促進する利尿剤という薬剤を内服するなどがあります。これらの治療によってむくみなどの症状は軽快します。しかし収縮性心膜炎は進行する病気と考えられており、根本的に治療する唯一の方法は外科的手術により、硬くなった心膜を切除する事です。

治療

慶應義塾大学病院での取り組み

当院循環器内科では、専門的な診断・治療を通じ、高度な医療を提供しています。
当疾患は原因が他診療科の病気に由来することが多いですが、各科主治医とも協力し、精力的に診療を行っています。また、個々の患者さんに最良の医療を提供できるよう心がけております。

さらに詳しく知りたい方へ

  1. 慶應義塾大学医学部 循環器内科ホームページ外部リンク(患者さん向け)
  2. 慶應義塾大学病院ホームページ外部リンク(患者さん向け)
  3. 日本心臓財団ホームページ外部リンク(患者さん向け)
    病気の説明、セカンドオピニオンの質問・回答集が閲覧できます。

文責: 循環器内科外部リンク
最終更新日:2014年8月27日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院