音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 心臓と血管の病気 > 心筋症 > 肥大型心筋症

肥大型心筋症

ひだいがたしんきんしょう

概要

  • 定義
    肥大型心筋症とは、高血圧や弁膜症など心肥大をおこす明らかな他の原因なしに、左室の異常な肥大を起こす疾患です。
  • 原因
    肥大型心筋症の約半数に常染色体優性遺伝(じょうせんしょくたい・ゆうせいいでん)の家族内発症が見られ、100以上の原因遺伝子が報告されています。原因遺伝子によって経過や症状が異なります。
  • 有病率と予後(よご:推定される病状経過)
    心エコー検査をスクリーニングした研究によると日本では人口10万人あたり374人、男女比は2.3と男性に多く、男女ともに60~69歳にピークが認められました。
    日本人に多いといわれている心尖部肥大型心筋症はおおむね経過が良好ですが、肥大型心筋症の中には、経過中に肥大した心室壁が徐々に薄くなり、心臓のポンプ収縮不全に陥り拡張型心筋症様を呈する症例があり、拡張相(かくちょうそう)肥大型心筋症といいます。拡張相肥大型心筋症の経過は不良で、心臓移植の適応になることがあります。
概要

症状

無症状のこともありますが、大きく分けて胸部症状と脳症状があります。胸部症状としては、胸痛、呼吸困難、動悸などが挙げられ、脳症状としては立ちくらみ、眼前暗黒感、失神などで、肥大した心室や不整脈の影響でこれらの症状が出ます。急に立ち上がったとき、飲酒時、急な気温の変化(寒いところから暖かいところへの移動など)などで出やすくなります。

診断

心電図、心エコー図によって診断が可能です。

心電図には、肥大型心筋症の75~96%になんらかの異常所見が認められます。肥大した心室の影響で異常Q波、ST-T変化、陰性T波、高電位などの所見がみられます。

心エコー図では、非均等に左室壁が肥厚している様子がみられます。このほか、左心室から大動脈へ血液を駆出する通り道である左心室の出口が狭くなっている左室流出路狭窄(さしつりゅうしゅつろきょうさく)を認める患者さんでは、僧帽弁の異常運動、流出路の血流速度の増加(肥大した心筋により狭められているため、通る血流が加速する)などが認められます。

心エコーでの心機能評価とあわせて、心臓カテーテル検査を行う場合があります。

治療

  1. 生活全般について
    • 運動について
      競技スポーツは、症状や左室流出路圧較差の有無に関わらず、一部の軽いスポーツ(ビリヤード、ボーリング、ゴルフなど)を除いて、医学的には許可できません。失神したことがある方、血縁関係に突然死の方がいる場合などリスクの高い場合はさらに厳重に注意する必要があります。ただし30歳以上で、突然死のリスクが認められない患者では、個々の判断で競技に参加できる可能性がありますので、患者さんと担当医で相談してください。 なお、左室内圧較差は運動中よりも運動直後に高くなるといわれ、失神や突然死は、運動中のみならずむしろ運動直後に見られるので注意する必要があります。
      レクリエーションとしてのテニス(ダブルス)、ハイキングなどの中等度の運動や、ゴルフ、スケートなどの軽度の運動は安定した状態であれば許可されることがあります。
      また、塩酸シルデナフィル(商品名バイアグラ)の使用については、不整脈の増加や失神などが報告されており、内服は避けるのが望ましいと考えてください。必ず担当医に相談してください。
    • 妊娠について
      低リスクの女性患者はほとんど安全に妊娠出産が可能です。ただし、妊娠前の状態によっては心不全症状が新たに出現し、悪くなる可能性があり、また薬剤や妊娠中の不整脈や血行動態の変化によって母体だけでなく胎児にも悪影響が出ることもあります。必ず担当医と相談してください。遺伝カウンセリングについては、臨床遺伝学に精通した遺伝カウンセラーが担当します。
    • 飲酒について
      流出路閉塞型肥大型心筋症の症例では飲酒により悪化しますので、勧められません。
  2. 薬剤治療について
    降圧薬の一種類であるベータ遮断薬やカルシウム拮抗薬、抗不整脈薬(ジソピラミド、シベンゾリン)などの内服により過剰な心収縮力を低下させる治療を行います。不整脈を合併した場合にはそれに応じた治療を行います。
  3. その他の治療
    内服薬のみでは充分な改善が得られない重症な流出路閉塞型肥大型心筋症の場合、非薬物療法を検討します。ペーシングにより流出路の圧較差を軽減する効果があると考えられ、ペースメーカー植え込み手術が行われることがあります。欧米では肥大した心筋を切除する手術(心筋切除術)が古くからよく行われ、効果も確実ですが、日本においてはこの手術に習熟した施設が少ないのが問題です。このほかに、カテーテルを用いて肥大した心筋に通じる血管にエタノールを注入して壊死させる方法があります(経皮的中隔心筋焼灼術)。
治療

慶應義塾大学病院での取り組み

当院循環器内科では、専門的な診断・治療を通じ、高度な医療を提供しています。
また、外来・病棟では入院患者さんに対して、面接を行って、患者さんの病状にあわせた生活・食事習慣の提案、運動療法など、病状やQOLの改善を目指した取り組みを行っております。

さらに詳しく知りたい方へ

  1. 日本循環器学会・循環器病の診断と治療に関するガイドライン外部リンク(医療関係者向け)
    肥大型心筋症の診療に関するガイドライン(最新版)が閲覧できます。
  2. 慶應義塾大学医学部 循環器内科ホームページ外部リンク(患者さん向け)
  3. 慶應義塾大学病院ホームページ外部リンク(患者さん向け)
  4. 日本心臓財団ホームページ外部リンク(患者さん向け)
    病気の説明、セカンドオピニオンの質問・回答集が閲覧できます。 
  5. ACC/ESC expert consensus document on hypertrophic cardiomyopathy. A report of the American College of Cardiology foundation task force on clinical expert consensus documents and the European Society of Cardiology committee for practice guidelines. European Heart Journal 2003; 24: 1965-1991

文責: 循環器内科外部リンク
最終更新日:2014年8月27日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院