音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > こどもの病気 > 体表の先天異常の形成外科治療 > 眼の周りの形態異常

眼の周りの形態異常

めのまわりのけいたいいじょう

症状

目は視るという重要な役割を持っており、眼のまわりの形態異常は視野障害の原因となるだけでなく精神的負担となります。目のまわりの形態異常を引き起こす場合は(1)生まれつきの形態異常(たとえば先天性眼瞼欠損、眼球突出)、(2)外傷後の変形、(3)腫瘍切除後の変形、(4)美容外科などの領域がありますが、形成外科が主となり関連各科と連携しながら治療にあたります。


たれ下がったまぶた(眼瞼下垂:がんけんかすい)

眼瞼下垂とは正面を見たとき、まぶたが黒目にかぶさり視野が妨げられる状態です。重度の場合は瞳孔を完全に隠してしまう程にもなります。片眼だけに発症する場合も、両眼とも起こる場合があります。眼瞼下垂は上まぶたを引き上げる筋肉が生まれつき未発達な先天性の眼瞼下垂と、まぶたをこすりすぎたり、加齢によりまぶたを持ち上げる筋肉が緩んでしまう後天性眼瞼下垂とがあります。生まれつきの場合は社会にうまく適応するためにも3才から小学校入学前までには手術を受けたほうがよいと思います。なお、先天性眼瞼下垂、眼瞼縮小、内眼角間開大などを特徴とする「眼瞼縮小症候群(眼裂狭小症候群とも呼ぶ)」では、内眼角形成術や上眼瞼吊り上げ術などが同時に行われます。入院期間は約1週間です。

後天性のものは眼瞼挙筋に異常が生じ、筋肉が萎縮したりまぶたの中の瞼板に付着する部分が緩んだりして発症します。また加齢による皮膚のたるみを合併するケースも多く見られます。

また眼瞼挙筋と瞼板とをつなぐ腱膜が外れた状態を「腱膜性眼瞼下垂」と呼びます。これはアトピー性皮膚炎・花粉症などのアレルギーにより目をこする、老化などが要因で、近年増加しているものです。また最近はコンタクトレンズの長期装用が原因の眼瞼下垂も増えています。

後天性眼瞼下垂では視力が落ちることはほとんどありませんが、眼瞼挙筋の緊張によって眼痛を生じさせたり、交感神経が支配しているミュラー筋が緊張を続ける結果、慢性の頭痛、肩こり、不安、疲労、顎関節症を引き起こしたりする事があります。視野を確保しようと眉毛を吊り上げて目を開けることを繰り返すため、額に横ジワを作る傾向があります。

手術は(1)眼瞼挙筋短縮術、(2)眼窩隔膜瞼板固定術、(3)眼輪筋・前頭筋連合筋弁、(4)大腿筋膜吊り上げ、などがあり、原因と程度により方法が異なります。眼の筋膜が萎縮して使えない場合に大腿筋膜吊り上げ術を採用することがありますが、目を閉じにくいという難点があるため、慶應義塾大学病院では可能な限り大腿筋膜を使わずに治療する方針です。手術の所要時間は1~2時間で、大多数の場合日帰りとなりますが一時的に目が腫れる事があります。また数日間の入院が必要となる場合があります。

くぼんだ目、とびだした目

眼球のまわりにある脂肪が少なくなると目がくぼみ、甲状腺の機能亢進などで多くなると目がとびだします。上眼瞼の筋肉の動きを調節したり、脂肪の移植や切除によりこの状態を改善させます。しかし、眼球を支持する眼窩構成骨に異常がある場合には土台となる骨の治療が必要になります。

まぶたのまわりのできもの

小さな場合は切除後そのまま縫い縮めますが、大きな場合は他の部位から組織移植が必要になります。いずれにせよ手術後ひきつれを残さず外見上のバランスをくずさないような形成外科的な配慮が必要になります。

まぶたのひきつれ、たるみ

外傷による組織の欠損や不適切な手術によりまぶたのひきつれを残す場合があります。まぶたを閉じることが出来ず、角膜が乾燥し痛みや充血を来し、あげくの果てに失明を来す場合があります。ひきつれを治した後に必要があれば新しい組織を移植します。加齢による組織のたるみでも同様な状態となりますが、その場合はまぶたを引っ張り皮膚の緩みを取り除くだけではなく、余分な脂肪を取り去り自然な目の形態を快復させるようにします。

眼球をとりまく骨の骨折

眼球を支持する土台の骨が骨折すると(眼窩壁骨折)目がくぼみ、眼球が上を向くことができなくなり、物が二重になって見えます。骨折を治療し、骨の足りない部分には人工骨などを移植しますが、骨折の治療に終始するのではなく、手術後の傷跡など整容面での配慮が必要になります。

腫瘍(がん)切除後の変形

腫瘍(がん)切除後の変形には、口腔内の粘膜を移植したり、眼窩外装プロテーゼやインプラントを使用し義眼を装着するケースもあります。最近ではCT撮影により腫瘍の形状を予測し、術前にその形状に合わせ人工骨を作製した上で装着するなど、コンピューターシミュレーションの手法も積極的に取り入れた手術も導入されています。

眉毛(まゆげ)の形態異常

まゆげのまわりの外傷やできものの切除後に眉毛がなくなったり、形がアンバランスになることがあります。小さな欠損ではまわりの眉毛をうまく利用した手術を行いますが、組織欠損が大きな場合頭の毛を利用した移植術を行ないます。

義眼床形成術

種々の原因で眼球を失った場合、義眼を使用しなくてはなりません。しかし、義眼を挿入する土台が狭いと装着困難となります。他の部位からの組織移植や組織延長術などにより義眼を入れる土台を作成します。

眼の周りの形態異常についてご相談のある方は、まずは下記外来にてご相談ください。
担当:清水雄介(火曜午前)

さらに詳しく知りたい方へ

子どものための形成外科 永井書店

文責: 形成外科外部リンク
最終更新日:2014年11月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院