音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > こどもの病気 > 小児の腸疾患 > 急性虫垂炎

急性虫垂炎

きゅうせいちゅうすいえん

概要

急性虫垂炎の病因は、虫垂内腔の閉塞と考えられています。この閉塞部に細菌が侵入して感染が成立し(カタル性虫垂炎)、虫垂の蜂巣炎から壊死・穿孔そして腹膜炎に至る経過が本症の病態と推察されています。

症状

ほとんどの患児は、初発症状として腹痛を訴えます。右下腹部以外の腹痛は虫垂の炎症から惹起された関連痛と考えられていますが、実際に胃腸炎を合併していることもあります。腹痛が強い場合には、触診所見の推移、超音波検査で病状把握に努めます。

右下腹部の圧痛のみでは虫垂炎だけではなく、他の疾患も鑑別する必要があるので、血液および超音波検査を実施します。治療方針を決定するのに最も有用な画像診断は超音波検査ですが、肥満が強い患児や腸管内ガスが多い患児にはCTを実施します。

超音波検査では、探触子(プローブ)の圧迫による当該部位の圧痛と、虫垂の直径が6mm以上であったときに本症と診断します。虫垂の直径10mm以上・膿瘍形成・腹腔内液貯留のいずれかの所見がみられたときには可及的すみやかな手術治療が必要です。CTでも超音波と同様の所見で治療方針を決定します。

治療

腹膜刺激徴候がみられ汎発性腹膜炎を疑う場合には、速やかに手術を行います。場合によっては抗生剤加療にて経過観察する場合もあります。汎発性腹膜炎に続発しショックや多発性膿瘍形成に至るようなケースでない限り、一般的には生命的危険度は低いとされます。

腹腔内膿瘍を形成していない場合は、虫垂切除術のみで手術は終了します。腹腔鏡下虫垂切除術であれば、このようなケースは術後3~4日で退院可能です。

膿瘍形成が見られた場合には、膿瘍を体外に誘導するドレーンを留置する場合があります。この場合、炎症反応が完全に改善してからの退院となります。炎症反応が完全に収まるまで、抗生剤による治療が必要です。腹腔内膿瘍が治りきらないと、退院後にそれが再燃する(遺残膿瘍)場合があります。

文責: 小児外科外部リンク
最終更新日:2014年11月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院