音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > こどもの病気 > 小児の腸疾患 > 腸重積症

腸重積症

ちょうじゅうせきしょう

概要

腸重積症は、腸管の一部が連続する腸管の肛門側に向かって陥入する状態によって生じる疾患です。進行すると重積部の腸管が血行不全に陥り壊死をきし、重篤になります。小児急性腹症の代表的疾患です。その80%が2歳未満で発症します。ほとんどが、小腸末端である回盲部といわれる部分に発生します。成因は特発性が多いですが、再発例や2歳以降発症例ではメッケル憩室、ポリープ、腸管重複症、悪性リンパ腫などの器質的疾患の存在を考慮しなければなりません。

症状

 症状としては、間欠的腹痛(啼泣、不機嫌)、嘔吐、苺ゼリー状の粘血便が3徴候であり、触診では、ソーセージ様の腹部腫瘤を触知します。診断には腹部超音波検査が有用です。

治療

  1. 非観血的整復術(高圧浣腸)
     この方法は診断と治療とを兼ねています。静脈路を確保した後に透視室で行います。造影剤整復法と空気整復法があります。また、透視を使わずに、超音波装置を使いながら、整復する方法もあります。施設によって、選択される方法は異なっていますが、その整復率には大きな差はありません。各施設で、慣れた方法をとることが安全、確実です。
  2. 観血的整復術
     非観血的整復術の不成功例、全身状態不良例、穿孔例、発症から24時間以上経過した例、腹部X線でイレウス(腸閉塞)像が著明な例は、外科的治療の適応となります。開腹後、重積腸管の先進部を用手的に押し戻す操作(Hutchinson手技)を行いますが、重積解除不能例や解除後に血行障害が強い例では、腸切除を行います。
     整復後は最低24時間の入院管理が原則です。再発する率が数~20%ぐらいあり、その30%が24時間以内とされています。 頻回に再発を繰り返す場合や2歳以上で再発する場合は、注腸二重造影法や内視鏡検査にて腸重積をおこす原因疾患の検索が必要です。

文責: 小児外科外部リンク
最終更新日:2014年11月28日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院