慶應義塾大学病院KOMPAS

HOME

検索

キーワードで探す

閉じる

検索

お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。。

臍ヘルニア

さいへるにあ

戻る

一覧

概要

臍の緒が乾燥して取れた後、臍の根元が十分に閉鎖されていない場合、泣いたりいきんだりして腹圧が上昇したときに、臍の根元から腸が皮下まで脱出し臍が膨らんだ状態になることです。この変化をもって診断とします。内容は指で押すと容易に腹腔に戻せます。
新生児の20-30%に認められるものの、2歳時までに90%で膨隆を認められなくなります。鼠径ヘルニアのように嵌頓(かんとん)を起こすことはほとんどありません。

治療

90%ぐらいは2歳までに腹壁の孔(あな)が次第に縮まって自然に治ります。そのため2歳頃までは放置してもかまいません。3~4歳になっても自然治癒しない場合や腹壁の孔(あな)が2cm以上と大きな場合は手術を行います。また孔は閉鎖しても巨大なでべその状態になり、患児が臍の形を気にするようであれば臍の形成術を行います。

手術

臍の下縁半周を切って、皮膚の下を剥がして腹壁の孔からでたヘルニアの袋(腹膜)を出し、これを切って取り腹壁の孔を閉鎖します。このとき腹直筋の膜(硬い膜)同士を糸で縫合閉鎖することが重要です。この後、できるだけ臍の形となるように陥凹ができるように形成します。巨大臍ヘルニアでは余剰皮膚を切って、形を整えるのが困難なこともあります。当院での入院加療は原則、手術前日に入院、手術翌日に退院とします。

コメント

10円玉を臍に当てて、絆創膏にて圧迫固定する人がいますが、この方法は一部には効果がある可能性もありますが皮膚かぶれをおこすことがありますから注意して下さい。

文責: 小児外科外部リンク
最終更新日:2014年11月28日

ページTOP