音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > あたらしい医療 > 血栓症の新しい治療 -新しく開発された抗凝固薬- -血液内科-

血栓症の新しい治療 -新しく開発された抗凝固薬- -血液内科-

はじめに

人間の身体では、血管の中を血液が流れていますが、怪我をした時、歯を抜いた時など出血した時には血の塊(血栓)ができて、出血は止まります。血栓ができる時に大切な役割を果たしているのが、血液の中の血小板と血液凝固因子です。出血した時に血栓ができて止血するのは正常な反応ですが、出血していないところで血栓ができて血管に詰まってしまうと、血液が流れなくなってしまいます。このような血栓は病的血栓と呼ばれています。病的血栓が脳の血管に詰まると脳梗塞、心臓の血管に詰まると心筋梗塞を起こしてしまいます。このような病的血栓ができるのを予防する、あるいはできてしまった血栓を溶かすために使われる薬を抗血栓薬といいます。抗血栓薬の中には、アスピリンなどの血小板の働きを抑える薬(抗血小板薬)と、血液凝固因子の働きを抑える薬(抗凝固薬)があります。ここでは今までに使われてきた抗凝固薬と、新しく開発された抗凝固薬の違いについて解説します。

今までに使われてきた抗凝固薬

今まで使われてきた抗凝固薬は、注射薬のヘパリンと内服薬のワルファリンです。これらの薬は心房細動、静脈血栓症、血液透析、人工弁の手術をうけた患者さんなどに広く使われており、患者さんの状態により使い分けられています。いくつかの血液凝固因子の働きにより血栓はできますが、ワルファリンはそれらの凝固因子の中でトロンビン、第VII因子、第IX因子、第X因子が作られるのを抑えることにより、ヘパリンはトロンビンと第X因子の働きを抑えることにより血栓ができるのを抑えます。これらの薬は長い間使われてきて血栓症予防、治療に有効であることはよくわかっていますが、出血しやすくなる副作用があります。最適な薬の用量が患者さん毎に異なるので、血液検査を繰り返し行って血の固まりやすさを調べて薬の投与量を調節します。またワルファリンの効果は食べ物や他の薬の影響をうけやすいので、注意が必要です。

新しく開発された抗凝固薬

新しく開発された抗凝固薬はワルファリン、ヘパリンと異なり、特定の血液凝固因子の働きのみを抑えます。「血の固まりやすさ」を調べて使う量を調節する必要がないことが、今までの抗凝固薬との大きな違いです。現在我が国で使われているのは、トロンビンの働きを抑えるダビガトラン(商品名:プラザキサ®)、第X因子の働きを抑えるリバーロキサバン(商品名:イグザレルト®)、エドキサバン(商品名:リクシアナ®)、フォンダパリヌクス(商品名:アリクストラ®)、エノキサパリン(商品名:クレキサン®)です。これらの中でプラザキサ®、イグザレルド®は内服薬で、心房細動の患者さんが脳梗塞などの血栓症を発症するのを予防するために使われます。リクシアナ®は内服薬、クレキサン®は注射薬で、手術後の患者さんの静脈血栓症を予防するために使われます。アリクストラ®も注射薬で手術後の患者さんの静脈血栓症の予防、および肺塞栓症の患者さんの治療に使われます(表1)。

表1

プラザキサ®とイグザレルド®

リクシアナ®、アリクストラ®、クレキサン®は、今のところ入院患者さんに使われており、使う期間も限られています。一方でプラザキサ®とイグザレルド®は、外来通院中の心房細動の患者さんがワルファリンに代わって長く内服し続ける薬なので、これらの薬とワルファリンの違いを知っておくことは大切なことです(表2)。プラザキサ®は1日2回、イグザレルド®は1日1回、決められた量を内服します。血液検査を行って薬の量を調節する必要はなく、「納豆を食べてはいけない」などの食事の制限もありません。ただし腎臓の悪い患者さんでは薬の量を減らす場合があります。出血症状が見られた時、手術、検査などで出血を伴う処置を行う予定がある時、などには担当の医師に相談する必要があることはワルファリンと同じですが、治療効果が出るまでの時間、治療効果が続く時間ともにワルファリンよりも短いので、内服を中断する場合の中断期間も短くなります。

表2

おわりに

ここまで述べてきましたように、新しく開発された抗凝固薬は今まで使われてきた抗凝固薬と比べていくつかの点で使いやすくなっています。しかし「出血しやすくなる」、という合併症にもっとも注意が必要なことはかわりありません。また決められた用法、用量をしっかりと守って確実に服用することが大切なことは言うまでもありません。新たに抗凝固薬を始める患者さんにどの薬を使っていただくか、今までワルファリンを内服してきた患者さんでワルファリンから新しい抗凝固薬に変更すべきか、などは個々の患者さんにより異なりますので、ご不明な点は担当の医師にお尋ねください。

関連リンク

最終更新日:2012年10月1日
記事作成日:2012年10月1日

▲ページトップへ

あたらしい医療

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院