音声ブラウザ専用。こちらよりメニューへ移動可能です。クリックしてください。

音声ブラウザ専用。こちらよりメインコンテンツへ移動可能です。クリックしてください。

KOMPAS 慶應義塾大学病院 医療・健康情報サイト
お探しの病名、検査法、手技などを入れて右のボタンを押してください。
慶應義塾
HOME
病気を知る
慶應発サイエンス
あたらしい医療
KOMPASについて

ホーム > 病気を知る > 肝臓と胆嚢とすい臓の病気 > 肝臓癌(肝細胞癌、胆管細胞癌)

肝臓癌(肝細胞癌、胆管細胞癌)

かんぞうがん(かんさいぼうがん、たんかんさいぼうがん)

概要

 肝臓癌とは、その名の通り肝臓にできる癌のこと指します。特に、肝臓自体から出来てきた'原発性肝癌'と、他の臓器から移ってきた'転移性肝癌'と大きく2つに分けられます。また、原発性肝癌も、肝臓の実質部分(通常肝臓といって想像する赤い実の部分)から発生した肝細胞癌と、肝臓内の管の部分から発生した胆管細胞癌、その他(血管ほか)の部分から発生する癌とがあります。通常、肝臓癌と言うとほとんど(約95%)が肝細胞癌です。肝細胞癌は、他の臓器(胃や腸)のものと大きく異なる点があります。それは、その背景に慢性肝疾患を基礎疾患として発生することが多く、発生母地が明らかな所です。日本では、現在約7割がC型肝炎、約2割がB型肝炎を、他にはアルコール性肝機能障害を基礎疾患とし、これらから肝硬変になった肝臓から肝細胞癌が発生しています。肝細胞癌による死亡数は1970年代後半から急速に増加しています。現在も肝細胞癌の頻度は増加しており、2003年悪性新生物死亡統計で、肝癌による死亡は男性で肺癌、胃癌に次いで第3位、女性で胃癌、肺癌、乳癌、結腸癌に次いで第5位でした。肝細胞癌はだいたい2015年ごろまで増加し続けるとされています。

症状

 一般に肝臓は昔から'沈黙の臓器'と称されて来た様に、'痛い'とか、'しこりがふれる'といった明らかな自覚症状がでることは、よほど癌が進んだ状態でないかぎり出てきません。では、どのような方が気をつけたらよいかと言えば、やはり先に言ったようにウィルス性肝炎や、アルコール性肝障害をもっていて、肝臓に注意しましょうと言われたことがある方は肝臓の超音波、CT検査で定期検査を受けましょう。今日の肝臓癌の発見の多くはこのような検査によって偶然見つかることが多いようです。

診断

 肝細胞癌の検査としては、診断を確定するため、治療方針を決めるために、血液データ測定(腫瘍マーカー)、超音波検査、CT検査、MRI検査、血管造影検査などを行います。腫瘍マーカーとしては、AFPとPIVKA-IIが2大マーカーで、早期癌でもいずれかが陽性になる確率は高く、進行するほど陽性率が高くなるため診断的価値は高いです。AFPは慢性肝疾患でも上昇することがあり、特異性を向上させたAFPのL3分画が最近普及しつつあります。肝細胞癌の画像診断でもっとも有用なのは、造影CT(ダイナミック CT)またはMRIです。ダイナミック CTはヨード造影剤を急速静注し動脈相、遅延相をとらえるものであり、ヨード造影剤を単に点滴静注して行う造影CTに比べはるかに診断的価値が高いです。血管造影下に行うCTAP、CTHAも非常に有用ですが、侵襲的検査であり最近はあまり行われません。造影MRIでは、近年腫瘍の血流動態による 評価と肝細胞機能による評価という従来の2タイプの造影剤の役割を1回の静脈内投与により可能とするEOB・プリモビストが用いられるようになり、得られる情報が多くX線被爆もないため、最近特に有用性が高まっています。超音波検査は、非侵襲的であり頻回に施行可能、質的診断能も高いですが、横隔膜下など死角部位がある、肥満症例では診断能が著しく落ちるなどの問題点があります。

治療

肝障害度(表1)、腫瘍数、腫瘍径などによって治療方針を選択します。肝障害度とは、腹水の有無、血清ビリルビン値、血清アルブミン値、ICG 15分値、プロトロンビン時間から肝臓の障害度をA、B、Cの3段階に分類したものです。肝硬変の重症度判定基準としてはChild-Pugh分類もよく用いられます(表2)。

肝障害度

I

II

III

腹水

(-)

治療効果あり

治療効果なし

血清ビリルビン

<2.0

2.0~3.0

3.0<

血清アルブミン

3.5<

3.0~3.5

<3.0

ICG-R15 (%)

<15

15~40

40<

PT (%)

80<

50~80

<50

表1 肝障害度(liver damage)
※下記の二項目以上あてはまるもの

スコア

1

2

3

肝性脳症

0

軽度(I - II 度)

昏睡(III 度以上)

腹水

なし

軽度

中等度以上

血清アルブミン

>3.5

3.5~2.8

2.8>

PT時間 (sec)

<4.0

4.0~6.0

>6.0

TB (mg/dl)

<2.0

4~10

10<

表2 Child-Pugh score
※Grade A:5~6点 Grade B:7~9点 Grade C:10~15点

治療の種類

  1. 肝切除
    肝臓の解剖に従って系統的に肝切除する系統的肝切除(葉切除、区域切除、亜区域切除など)と非系統的肝切除があります。
    肝臓癌において、すべての癌を確実に取り除くと言う意味では肝切除がいまだ一番確実な方法と考えられています。しかし、肝臓という臓器は他の摘出可能な臓器と違い、すべてを取り除いてしまうと人間は生きていけません。それでは、どのくらいの大きさ切除することが可能で、どれだけ残せば生活することが可能かというと、一般的に正常な方の肝臓はその70%を切除しても残りの肝臓で、約3ヶ月経てば元の大きさ、機能が切除前近くまで再生するとされています。しかし、肝細胞癌になってしまう方はその肝臓に多かれ少なかれダメージを受けています。このため、それぞれの肝機能に合わせて切除できる量が違ってくるため手術を行う前十分その評価を行ってから、それぞれの方にあった治療を計画します。胆管細胞癌では、これまでリンパ節転移があると生存の見込みが極めて悪いと考えられたことから切除すべきでないとされていましたが、最近はリンパ節転移があっても長期生存する例があることから、症例によっては慎重に切除の適応を決めています。
  2. アブレーション(Ablation)
    マイクロ波凝固療法(MCT)、ラジオ波焼灼(RFA)、経皮的エタノール注入療法(PEIT)などがあります。原理は異なりますが、いずれも経皮的にあるいは開腹下に肝臓に針を刺して腫瘍とその周囲のみを壊死させる方法です。残肝に対する影響が小さいため、肝予備能が低くても施行可能です。一度に広範囲(3~5cm)を焼灼できるRFAが近年急速に広まりつつあり、当科でも積極的に行っています。
    また、当科では、凍結融解壊死療法(cryoablation)を全国で初めて導入し、通常のアブレーションで対応できない患者さんに行っています。複数の凍結針を同時に使用することで大型の腫瘍を壊死させられる (約10cmまで)、治療範囲(アイスボール)が術中に超音波で確認できること、体表に近い腫瘍に対しても痛みが少なくできる等、さまざまなメリットがあります。ただし、この治療は現在でも非常に限られた施設のみで導入されている治療法で、厚労省の保険認定をまだ受けていないため、原則として費用はすべて自費診療となります。
    当科では上記の各種アブレーション治療を、主要な血管・胆管との位置関係、他臓器との位置関係、肝内での位置(肝表面に突出している等)等を考え合わせベストのアプローチ法で行うよう工夫をしています。アプローチ法としては、経皮的治療、内視鏡下治療 (腹腔鏡下 または胸腔鏡下、小開腹下治療などがあります。
  3. 肝動脈塞栓療法(TAE)
    手術の適応にならない患者さん(肝予備能が悪い、腫瘍が広範囲に散らばっている、等)に行われます。腫瘍を栄養する肝動脈にカテーテルを挿入し、塞栓物質や抗癌剤を流す方法です。腫瘍細胞を栄養するのは動脈のみですが、正常細胞は動脈と門脈の双方から栄養されるため、TAEによって腫瘍細胞のみを攻撃することができるという原理に基づいています。門脈が閉塞している場合などは正常細胞も影響を受けるため基本的に適応外となります。
    具体的な方法は血管造影検査と同じで、レントゲン室で局所麻酔下に、脚のつけ根の動脈(大腿動脈)からカテーテルを入れて行います。現在用いているカテーテルは、細くてやわらかいため、治療の合併症はほとんどありません。また、肝臓の奥へとカテーテルを進め、癌とその周囲の狭い肝実質領域だけを塞栓する治療も可能で、治療後の肝機能の低下も軽度ですみます。当院では、専門の放射線医師が行い治療時間は30分から1時間程度です。治療中や後に上腹部痛や発熱(39度近いこともあります)がみられることがありますが、時間とともに軽快し、鎮痛剤や解熱剤を使うことでコントロールは容易です。
  4. 全身化学療法
    肝細胞癌では、非切除例に対してソラフェニブという新たな分子標的薬が使用されるようになり、注目されています。国外の試験ではじめて全生存期間の延長を示した全身治療薬として現在第一選択薬と考えられていますが、その副作用対策やどういう患者さんにどう使ってどのくらいの効果が出るかまだ分からないなど課題も多く、現在も検討が行われています。胆管細胞癌に対してはジェムシタビン、TS-1、シスプラチンなどが様々な組み合わせで投与され、有効な場合があります。
  5. 肝移植
    肝細胞癌に対する肝移植が2004年1月より保険適応となりました。肝癌が「3 cm、3個以内」、または「5 cm、単発」のいわゆるミラノ基準適合例に保険が適用されています。詳しくは、「肝移植」の項をご参照ください。

文責: 一般・消化器外科外部リンク
最終更新日:2012年4月13日

▲ページトップへ

慶應義塾HOME | 慶應義塾大学病院